外国人技能実習生・LED・ETCカードのことなら協同組合 福岡情報ビジネスにお任せください!

TEL092-534-6331(代表・ETC事業部・エコ事業部)
TEL092-523-6670(国際事業部)業部・エコ事業部)

受入企業様インタビュー

  • 実習生を受け入れるきっかけを教えてください。

    <田中丸社長>
    「最初は、受入機関の福岡情報ビジネスさんからのお話しを聞き、当時、研修制度を利用して中国からの研修生を受け入れていた同業他社に出向いて勉強させていただき検討したのがきっかけです。
    その当時、当社ではすでに中国を中心にした多数の就学生、留学生が働いていました。そこで実習生を受け入れることで、この人たちの模範になってもらうことを目的に受け入れを実施することに致しました。」
    <山本総務部長>
    「今期で既に12期生の受け入れとなり実績が出てきました。しかし、現状はその当時とは大きく様変わりして来て、中国からの就学生、留学生は激減し、大半がネパール、ベトナムとなり、本来の目的が薄れてきたのも事実です。
    また、当社を含む業種は実習生受入期間が1年間と短いこともあり、中国からの実習希望者が徐々に減ってきました。しかし、これまで12期に亘り中国からの実習生受入れで培ってきた中国送出し機関及び、日本の受入機関である福岡情報ビジネスさんとの連携とノウハウは当社にとっても貴重な財産であり、今後両国の友好関係構築の一助となればとも期待しています。」

    中国の実習生に対してどのような印象をお持ちですか

    <山本総務部長>
    「1期5名(総勢10名の受入枠)で、その中の5名のうち1名がリーダーになります。一人ひとりの性格も違い、その期、その期でバラつきはありますが、自己中心的でなくリーダーを中心に良く纏まった組が技能の習得も良好で、仕事の結果も優秀です。」

    今後、実習生達にどのような活躍を期待しますか

    <山本総務部長>
    「外国人の就業者が多い当社にとって、国籍は別にして中国からの実習生として仕事に対する取り組み姿勢、生活態度、礼儀マナー等、皆の模範となってもらいたいと考えています。」

  

↑ PAGE TOP