外国人技能実習生・LED・ETCカードのことなら協同組合 福岡情報ビジネスにお任せください!

TEL092-534-6331(代表・ETC事業部・エコ事業部)
TEL092-523-6670(国際事業部)業部・エコ事業部)

これまでの活動と実績

これまでの受入れ実績

福岡情報ビジネスは2004年の受入事業の開始以来、数多くの実習生たちを受け入れております。当組合と送出し機関・実習生との徹底した連携、そして受入企業様のご理解の賜物であります。

受入れ年度 受入れ人数  受入れ企業数
2004年度 17名 9社
2005年度 91名 22社
2006年度 158名 32社
2007年度 228名 40社
2008年度 329名 50社
2009年度 509名 54社
2010年度 734名 66社
2011年度 1,006名 77社
 2012年度 1,202名 86社
 2013年度 1,354名 89社 
 2014年度 1,591名  102社 
 2015年度 1,852名  110社 
 2016年度 2,173名  123社 

これまでの活動

「第8回外国人技能実習生日本語作文発表コンクール」で2年ぶりに<最優秀賞><優秀賞>を受賞!

2016年10月30日(日)に、日本の技術などを習得するため、祖国を離れて九州・山口の中小企業で働く外国人技能実習生を対象とした「第8回外国人技能実習生日本語作文発表コンクール」が福岡国際会議場にて開催されました。(主催:福岡県外国人技能実習生受入組合連絡協議会、共催:福岡県中小企業団体中央会)
今年も、県内外より多くの関係者、企業様、実習生の皆さんが応援に駆け付けてくださいました。
今年は過去最高の408通という数の応募作品が寄せられ、最終選考には中国・ベトナム・フィリピンの実習生10名が選ばれました。
年々、レベルアップしている作文コンクールすが、選考委員長のお言葉にあった通り今年は今までのなかで一番レベルの高い内容でした。それぞれが実習中に感じたことや、家族、職場の方々への感謝の気持ちなど感情豊かに表現されていました。
そして、今年は2年振りに当組合の実習生であるダン・ティ・ハインさんの「日本人の心と団結力」が最優秀賞を、そして姜盟さんの「お菓子から感謝の気持ちへ」が優秀賞を受賞しました!
ハインさんは、2016年4月に起きた 熊本地震の避難所で彼女が見た日本人のルールを守る素晴らしさ、助け合いの心、募金活動に協力する子供の思いやりに感動したことなどを感情豊かに発表していました。
そして最後は「熊本に早く心からの笑顔が戻るように、熊本も日本も頑張れ!」と力強くこぶしを挙げ会場は涙と感動に包まれました。
姜さんは、日本人の同僚から日頃から色々と助けてくる姜さんへお礼の気持ちとしてお菓子をもらったことが嬉しくて幸せな気分になったことをユーモアを交えながら発表されていました。
そして組合からもたくさんの仲間の実習生も応援に駆けつけてくれ、オリジナルの応援グッズを片手に大きな声援を送りました。発表者の方々もそうですが、このコンクール応募された実習生の皆さんは日頃は各企業にて一生懸命仕事しながら、日本語の勉強をし、そしてこのコンクールに応募してされています。
どの作品もそれぞれの思いが詰まっていてハンカチなしでは読めないくらいです(涙)。
来年もまた素晴らしい作品が選ばれるよう、ますます指導に力が入ります!
受賞された皆さん、本当にオメデトウございます!! そして来年も「V2」目指します!


作文はコチラ YouTube動画

第8回 外国人技能実習生日本語作文発表コンクール受賞者

 【優秀賞】
名前:姜(きょう) 盟(めい)さん
出身:中国
職種:非加熱性水産加工食品製造業
作文タイトル:「お菓子から感謝の気持ちへ」
 

外国人技能実習生日本語作文発表コンクール過去の受賞者

 【第6回 最優秀賞】
名前:于(う)俊寧(しゅんねい)さん
出身:中国
職種:クリーニング
作文タイトル:「仕事の鬼」
 
【第5回 最優秀賞】
名前:候(こう) 姣姣(こうこう)さん
出身:中国
職種:クリーニング
作文タイトル:「日本の心で猛暑を乗り切れ」
作文はコチラ YouTube動画

【第4回 優秀賞】
名前:張美艶さん
出身:中国
職種:クリーニング
作文タイトル:
「日本を支えるおじいさん、おばあさん」
【第4回 優秀賞】
名前:グエン・ティ・フォンさん
出身:ベトナム
作文タイトル:「失敗から努力」

レインボープロジェクト

作文コンクール動画

↑ PAGE TOP