History 組合沿革

1989年11月 福岡県をエリアに異業種の協同組合として100名の出資者にて設立
日本道路公団の高速道路通行料金別納制度の共同精算、異業種交流の推進、教育情報事業の開始
1991年10月 自動車関連用品及び事務機器、消耗品の共同購買事業開始
1993年2月 日本香港協会福岡支部(現:九州日本香港協会)を設立
1994年8月 NTTドコモと携帯電話販売に関する業務提携
1995年4月 NTT通信事業開始(メンバーズネット)
1996年2月 佐賀県、長崎県などの九州一円に地区を拡大
1999年1月 組合ホームページ開設
2000年5月 インターネット事業(レンタルサーバー・ホームページ制作)開始
2001年5月 独立行政法人・雇用・能力開発機構の委託認定を受け「パソコン教室」を開講<1,650名受講>
2002年6月 九州経済産業局「中小商業者ビジネスモデル支援事業」認定
2002年6月 茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県など地区を23区域に拡大
2002年12月 福岡県中小企業経営革新支援法認定
2003年7月 営業代行システムKコマース
2004年1月 外国人研修生共同受入事業認可(10省庁)
2004年3月 中小企業人材確保推進事業モデル企業見学会実施<トヨタ自動車宮田工場見学>
2005年4月 大口・多頻度(ETCコーポレートカード)割引開始
クオークETCカード(現:セディナETCカード)の取扱い開始
2005年11月 外国人研修生受入事業、弊組合視察団が中国山東省・烟台市副市長 李淑芹氏を表敬訪問
2006年1月 ETC車載器の販売取扱い開始
2006年9月 福岡県「子育て応援宣言企業・事業所(第416号)」に認定
2008年1月 中華人民共和国駐福岡総領事館 総領事武樹民氏を表敬訪問
2008年2月 創立20周年記念パーティー開催
2008年6月 中国四川省大地震義援金を中華人民共和国駐福岡総領事館総領事武樹民氏へ贈呈
2008年7月 財団法人21世紀職業財団福岡事務所「短時間労働者均衡待遇推進等助成金事業」認定
2009年3月 福岡県外国人研修生受入組合連絡協議会会長に藤村代表理事が就任
2009年4月 「中国企業視察と国際人材交流ツアー」を実施
2009年10月 中国外務省商務局・外交部を表敬訪問
2010年4月 外国人技能実習生共同受入事業の開始
2010年4月 特別の法人無料職業紹介事業届出番号(40-特-00001)取得及び無料職業紹介事業の開始
2010年6月 外国人技能実習生共同受入事業及び外国人技能実習生共同受入れに係る職業紹介事業認可
2010年10月 財団法人国際研修協力機構(JITCO)「優良組合」として表彰される
2012年10月 東北被災地視察研修プログラムに参加
2013年11月 第5回外国人技能実習生日本語作文発表コンクールにて当組合実習生が最優秀賞受賞
2014年1月 レインボープロジェクト発足
2014年5月 教育センター教室及び事務所を福岡市博多区美野島へ移転
2014年6月 事務機器、消耗品の共同購買「たのめーる」の取扱いを開始
2014年9月 組合員への損害保険紹介を開始
2015年5月 共同購買事業「AED(自動体外式除細動器)」の取扱い開始
2016年4月 全寮制の教育センター(寮・教室・事務所)を大野城市川久保に移転
2016年5月 ETCカード「FJBインターネット請求書サービス」の運用開始
2017年12月 外国人技能実習生受入事業において優良監理団体(一般監理事業)の許可(許可番号:1712000739)認定
2018年2月 第1教育センターに隣接する第2教育センターを開設(大野城市川久保)
2018年6月 あいおいニッセイ同和損害保険(株)と損害保険代理店契約を締結
2018年11月 創立30周年を迎える
2019年4月 外国人技能実習受入「RPAによる申請書類の自動作成支援」の運用開始
2019年6月 出入国管理庁より特定技能外国人における登録支援機関として登録
2019年11月 特定技能外国人支援事業及び特定技能外国人に係る職業紹介事業の認可
2019年12月 組合員数877社となる
PAGE TOP